目標管理制度

当社では、毎年全社員が挑戦目標を設定します。この挑戦目標は、仕事の成果に関する目標と自らの成長に関する目標で構成され、それを「チャレンジシート」という目標設定シートに落とし込み、チャレンジシートに沿って1年間の業務を進め、どれだけ達成できたか? を自分自身で評価します。その達成度合いが翌年の昇給率や昇格基準など全ての待遇面に反映される仕組みです。

企業によっては与えられた目標(=ノルマ)を設定しているケースもあります。ノルマに代表される短期の成果によって社員を評価する制度は、極論を言えば、出来る人だけが残ってくれれば企業は躍進できるという考えです。当社では追われる目標よりも追う目標にこそ、本当の意味での人材成長があると信じているために、ノルマの設定は一切ありません。

個々のレベルUPと企業業績向上の両立を狙い、それを可能にする制度として運用しているこの目標管理制度が、当社の人事制度の根幹を成しています。尚、目標設定で大切なことは、既に出来ていることを目標にしても仕方がないことと同様に、達成不可能な高すぎる目標を設定しても意味がないという点です。今の自分の力量と役割を踏まえた上で、頑張れば達成可能なラインを目標として設定します。

目標設定シート(チャレンジシート)を用いて各自が年間目標を設定!
計画/段取ノートの「ランクUPノート」を活用して目標達成に向かいます。

個人評価

職能資格制度とは、当社が期待する人材要件に基づき、各等級に求められる職務遂行能力(保有能力)によって社員を格付する制度です。人材要件や求める役割を一覧にした基準表を、社内LANを用いて全社員に公開しています。常に次の等級(1~8級)要件にチャレンジすることで能力を開発し、その結果が報酬等全ての面で自らに還元されていく制度であり、じっくりと腰を据えて次の段階にチャレンジしていく過程で、人間性が成長し、等級とともに報酬面も上昇していく制度設計になっています。