コンクリート吹付機

GMB35C-ERⅠ

コンパクトな車体に必要機器を集約

車体幅は2650mm。吹付配管類は車体幅に内蔵し、坑内での離合作業を安全かつスムーズに行うことができます。

75kW、37kWコンプレッサを搭載しており、北越工業社製とMattei社製で選択が可能です。コンクリートポンプはシンテック社製とPutzmeister社製で選択可能です。またクリアショット仕様や液体急結剤仕様への変更も可能です。

ご要望が御座いましたらご相談ください。

小断面に特化した吹付ロボット

移動時はコンパクトに格納でき、全長を抑えることが可能です。またアームスライドは約4000mmと、広範囲の吹付に対応しています。

● 吹付ロボット作動範囲

機動力に優れたベースマシン

ホイール式採用により、走行時の振動による各部への影響を回避します。操舵方式は3モードステアリング(前輪、4WS、カニ)で小回りが効くだけではなく、位置決めが容易に行えます。

ベースマシンには、国交省指定第3次基準値排出ガス対策型エンジン ” C7-IPSJ ” を搭載しています。全輪駆動にてスピーディーかつパワフルな走行性能を発揮します。

仕様図面

仕様諸元

型式 GMB35C
名称 GMB35C-ER Ⅰ
全長 15,230mm
全幅 2,650mm
全高 4,250mm
運転整備重量 約 35,000kg
ポンプ型式 MKW30SM(SYMTEC) BSA703-E(Putzmeister)
標準 高圧
理論吐出量 30/35㎥/h 31/37㎥/h 21/25㎥/h
理論吐出圧力 4.09Mpa 4.1Mpa 6.2Mpa
走行速度 max15km/h
登坂能力 28.5%(16.0°)
電源ケーブル仕様 3PNCT 150mm2×3,22mm2×1-100m
エンジン型式 CAT C7-IPSJ
エンジン定格出力 168kW/2,200min-1
総電力 165.9kW

※ 搭載機器配置等変更となる場合があります。

● 排ガス対策

第3次基準値適合

● 吹付ロボット

アームスイング角 外45° – 内45°
アームリフト角 上40° – 下54°
アームエクステンション長 4,000mm
ノズルリフト角 120°
ノズル回転角 360°
最大吹付高さ 9,745mm
最大吹付幅 14,525mm

● エレクター

ブームリフト角 上45° – 下30°
ブームスイング角 外45° – 内20°
ブームエクステンション長 2,500mm
ブーム長(最伸時-最縮時) 5,750mm – 3,250mm
ガイドスイング角 外99° – 内38°
ガイド回転角 90°
適用支保工サイズ H-125~250
最大到達高さ 7,070mm
最大幅 9,375mm
最大把持荷重 1,000kg×2基

● バスケット

ブームリフト角 上45° – 下30°
ブームスイング角 外38° – 内26°
ブームエクステンション長 2,900mm
バスケットトラベル長 3,030mm
ブーム長(最伸時-最縮時) 6,150mm – 3,250mm
バスケットリフト角 上30° – 下45°
最大床面到達高さ 8,185mm
最大幅 11,260mm
最大積載荷重 250kg×2基

資料ダウンロード

カタログ 外形図 作業範囲図