夜間のズリ出し騒音対策

ベッセル工法

坑口付近の夜間騒音として、ダンプの坑口外捨て場が挙げられる。夜間の走行エンジン音・ダンプアップ時のズリ騒音対策について下記の通りの対策を講じることが可能です。

  • 夜間の坑内防音扉内にてズリの仮置き。
  • 仮置きはベッセル函を使用する。
  • ベッセル函内ズリは、日中に坑口外捨て場へ処理する。
  • 坑内でのベッセル仮置き及びエンジン音は00db以下となる。

作業イメージ

● 切羽でコンテナにズリを積込み、K40-Nで切羽の掘削作業に影響しない位置まで運搬し、コンテナに積載したまま仮置きします。

● 切羽のズリをすべて処理した後は、ただちに掘削作業に取り掛かると同時に、仮置き場から郊外へズリの運搬作業を並行して行います。

お問い合わせ

※ その他、騒音対策・粉塵対策については別途お問い合わせください。

お問い合わせは下記ご希望の方法にてご連絡頂きますと、最適な資料を作成させて頂きます。

関連ページ